見出し画像

『こんにちは未来』書籍化について

こんにちは、店長の山下です。

佐久間裕美子、若林恵『こんにちは未来』(株式会社黒鳥社)刊行のお知らせと注文のご案内です。

「NY在住のジャーナリスト佐久間裕美子とコンテンツメーカー黒鳥社の若林恵の盟友二人がカテゴリーにとらわれず縦横無尽に語りつくすポッドキャスト番組「こんにちは未来」。エピソード累計130万DL、JAPAN PODCAST AWARDのノミネート20作品に選ばれた人気番組をこの度、書籍としてまとめることになりました。
書籍は、読むポッドキャストとして、エピソードの第1回から第22回までを
「ジェンダー」、「アメリカ」、「メディア」の3つに分類し、3冊同時に刊行します。
■発売日 2020年7月末予定(7月上旬を目安に発売日を決定します)
■販売価格 3冊セット 3600円(税別)
■体裁 A5変型/1冊 150P程度 」(黒鳥社より)

発行元は株式会社黒鳥社、発売元は当店という座組です。

取次を通さず、かつ出版社×書店でなにか一緒にできないかというお話から、今回の具体的な企画に発展しました。

基本的には事前の注文数に応じての印刷数となります。
本の発売3週間後、kindleでは発売されますが、黒鳥社の直販やAmazonなどでの販売はなく、注文頂いた書店の店頭とオンラインストアのみでの販売となります。

注文自体は3冊セット・20セット~、買切りのみ、掛率は20セット~39セット:80%、40セット以上:75%です。送料はこちらの負担です。
買切りなのにこの掛率なのは、当店が発売元として卸全般のお手伝いをする形なので、黒鳥社から当店への掛率は70%です。加えて、印刷等を含む本の制作費用自体は黒鳥社が負担し、当店は価格やセット販売、特典など企画の一部にアイデア出し、という形です。正直、試行錯誤の面も大いにあります。ただ本の作成や流通のチャンネルは色々な形があった方がいいと思っています。さらに、当店や色々な書店が企画を一から立てて、黒鳥社のようなコンテンツ・レーベルと本を作るきっかけにもできたらとも考えています。

ぜひお取り扱いを検討して頂けましたら嬉しいです。
各書店での予約ページの早期の作成も大歓迎です。そのために、こういう情報や画像が欲しいという場合も、ぜひご連絡ください。よろしくお願いいたします。

青山ブックセンター本店:boc97002@str.bookoff.co.jp

嬉しいです!
105
表参道駅5分、ワンフロアの店舗です。デザイン・広告・写真・アートなどクリエイティブ系の書籍と、海外文学をはじめとした文芸や人文書が充実。本を通じた学び場としてのスクールも併設しており、著者を招いたイベントも開催しています。ビル内に駐車場有。

こちらでもピックアップされています

マガジン
マガジン
  • 288本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。