note_トップ

青山ブックセンターのロゴが変わります。

画像1

青山ブックセンターは、出版を始め、コミュニティーを作り、長らく変化のない本屋のあり方を変えていきたいと動いています。「今以上に本を売り、いい本屋を目指したい。青山ブックセンター、本屋の可能性を拡張したい。」という想いからです。今後も新しい取り組みを始めるかもしれませんが、全ては、「本」と「書店」があるからこそ成り立つものです。

新しい取り組みをしていく度に、出発点、立ち返る原点、源流となるロゴを変える必要があると思うようになりました。恥ずかしながら、創業から2度の閉店などを経て、お店のロゴができた経緯や込められた想いを知っているスタッフが誰もいません。何より、いまだにうまく言語化はできていないのですが、今こそ変えるタイミングだと直感が働いていました。

画像2

タカヤ・オオタさんにデザインをお願いした理由は、元々とても印象に残っていた別々の企業やサービスのロゴが、共通してタカヤ・オオタさんによるものだと知ったことが最初のきっかけです。また事務所も当店から近く、よく来店されていることをSNSで知り、お話を何回か伺うなかで、今後30年を見据えた新しいロゴを、ぜひともお願いしたいという想いを強くしました。

どんな商いも、時代にあわせて変化していくべきだし、変化していかないと残っていけないと考えています。新しいロゴを旗印として、本屋、書店の未来を切り開いていきます。


青山ブックセンター本店
店長 山下優



嬉しいです!
191
表参道駅5分、ワンフロアの店舗です。デザイン・広告・写真・アートなどクリエイティブ系の書籍と、海外文学をはじめとした文芸や人文書が充実。本を通じた学び場としてのスクールも併設しており、著者を招いたイベントも開催しています。ビル内に駐車場有。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。