見出し画像

Weekly ABC (6/1-6/7)

こんにちは、スタッフの青木です。
新刊情報やお店の出来事を紹介するWeekly ABC。今回は6月1日から6月7日の書籍情報を元にまとめました。


*今週の出来事

5月の売上報告です。今月もよろしくお願いします!


*お知らせ

6月9日(日) 13時~店内大教室
『THE VISUAL ならの作品集 境界の向こう側』発売記念トークイベント

ならのさんの初となる作品集『THE VISUAL ならの作品集 境界の向こう側』の刊行を記念して、トークイベントを開催いたします。
本書刊行についてのきっかけや制作秘話、こだわりなど、さまざまなストーリーをお話しします。
また、今回は特別に実際の作画を垣間見ることができる貴重なライブドローイングも行いますので是非お楽しみに!
ならのさんへのご質問もお待ちしております!本人と担当編集者がお答えいたします。
https://forms.gle/bucP9b5t1YB7U4Gm9

6月11日(火)19時~店内大教室
『有賀薫のだしらぼ』『自炊者になるための26週』刊行記念
有賀薫さん × 三浦哲哉さんトークイベント
「だしと風味のハーモニー ~料理をもっと楽しむための序~」

『有賀薫のだしらぼ』(誠文堂新光社)と『自炊者になるための26週』の刊行を記念し、著者・有賀薫さんと三浦哲哉さんによるトークイベントを開催します。
スープ作家として活躍する有賀薫さん。新刊発売のタイミングで「いま一番お話ししたい方はどなたですか?」と伺ったところ、「三浦哲哉さん!」と即答されました。三浦さんといえば、映画研究者であり食文化探究家。近著では、料理の楽しさや風味の魅力について、順を追って考えられています。そのアプローチの仕方が何とも「だしらぼ的」なのです。
「この本を読んでほしいのは、料理の修業をしたことや飲食店での勤務経験がなくても、家族や自分のために料理をしている人たちです。何を隠そう、私もその一人です」(『有賀薫のだしらぼ』「はじめに」より)
「私たちがふだんなにげなくしていること————味わい、料理することが、じつはものすごいことだという事実を知っていただきたいと思います」(『自炊者になるための26週』「序 料理したくなる料理」より)
お二人に共通しているのは、ふつうの人にこそ「料理をもっと楽しんでほしい」という想い。料理家の方も、毎日のごはんづくりに悩んでいる方も、料理に苦手意識を持っている方も、みんな一緒にあたらしい一歩を踏み出せますように……。だしと風味それぞれの視点から、ときに混じり合いながら、日々の料理との向き合い方についてお話しいただきます。

6月13日(木)19時~店内大教室
『アイデアが実り続ける「場」のデザイン』刊行記念
小田裕和さん × ドミニク・チェンさん トークイベント

『アイデアが実り続ける「場」のデザイン』の刊行を記念して、著者の小田裕和さんと、同書に対談相手として登場するドミニク・チェンさんとのトークイベントを開催いたします。
数々の新規事業施策の現場を見てきた小田さんですが、「アイデアを出し続けて、どれか当たればOK」ではなく、アイデアを出し、育てるプロセスそのものを通して、組織の“土壌”を良くしていくことに取り組んでいます。
アイデアが失敗に終わっても無駄にならず、次の試みに活かされるためにはどうすればいいのか? 「発酵」をテーマに研究に取り組むドミニク・チェンさんと共に探っていきます。

*新刊情報

*先週のWeekly ABC


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!