Weekly ABC (5/14-5/20)
見出し画像

Weekly ABC (5/14-5/20)

青山ブックセンター本店

こんにちは、スタッフの青木です。
新刊情報やお店の出来事を紹介するWeekly ABC。今回は5月14日から5月20日の書籍情報を元にまとめました。

*お知らせ

5月22日(日)13時から店舗にて『Essential わたしの#stayhome日記 2021-2022』刊行記念 今日マチ子と振り返る2021-2022トークイベントを開催します。
『Essential わたしの#stayhome日記 2021-2022』には2021年4月7日〜2022年4月7日までの1年間のイラスト日記が収録されています。この1年間は、東京オリンピック、ワクチン接種…など、大きな行事やできごとがたくさんありました。トークショーでは本書で描かれる風景と、この一年の出来事を今日マチ子さんと一緒に振り返ります。ご質問をたくさんお受けして、お話ししながらすすめていきます。

5月22日(日)18時から店舗にて正朔『舞踏馬鹿 土方巽の言葉とともに』出版記念「言葉と舞踏」 宇野邦一さんと正朔さんのトークイベントを開催します。
正朔氏は、大野一雄とともに舞踏を創始した土方巽の晩年、2年間師事し、その後、白桃房を経て自分のグループ、現在では長岡ゆり氏と「Dance Medium」を率いて活動し続ける舞踏家です。国際的に活動し、海外でもワークショップを多数行い、海外の舞踏家たちの信頼もあつく、また国内でも2013年に舞踊批評家協会賞を受賞するなど、高く評価されています。
本書は、正朔が『テルプシコール通信』に連載した文章を中心に、長年舞踏に併走した國貞陽一氏との対話、そして長岡ゆり氏、田中真知氏の文章も掲載されています。そして、正朔の「舞踏譜」では、土方巽を継承した正朔の舞踏メソッドがわかりやすく示され、舞踊家だけでなく、踊りや身体表現に関心がある人にとって、舞踏そのものを言葉で体験できるものとなっています。
今回は正朔氏と、ドゥルーズ、アルトーの専門家として知られ、正朔の師・土方巽と交流が深く、『土方巽』(みすず書房)の著書もある哲学者の宇野邦一氏に、まさにその「言葉と舞踏」について、お話しいただきます。

5月28日(土)14時から店舗にて『言葉のアップデート術』刊行記念 小竹海広さんと5歳さんのトークイベントを開催します。
モヤっとする一言を、スッと伝わる一言に変える「言葉のアップデート術」の刊行を記念した座談会を開催。令和の最新のトピックを踏まえながら、「傷つけない」「誤解させない」「損しない」ための言葉を、皆さんと一緒に考えていきます。
著者のコピーライター/クリエイティブディレクター小竹海広は、過去をどう反省し、今何を考えているのか。
聞き手は、ツイッターで10万フォロワーを抱え、編集や企業のSNSコンサルティング、キャンプYouTuberなどとしても活躍し、「ぼくの嫁の乱暴な愛情」の著者でもあるインフルエンサーの5歳さん。
SNSでは話せないテーマが盛り沢山の90分です。ぜひ、会場でお待ちしております。

*新刊情報

*先週のWeekly ABC


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
嬉しいです!
青山ブックセンター本店
表参道駅5分、ワンフロアの店舗です。デザイン・広告・写真・アートなどクリエイティブ系の書籍と、海外文学をはじめとした文芸や人文書が充実。本を通じた学び場としてのスクールも併設しており、著者を招いたイベントも開催しています。ビル内に駐車場有。