青山ブックセンター本店

表参道駅5分、ワンフロアの店舗です。デザイン・広告・写真・アートなどクリエイティブ系の書籍と、海外文学をはじめとした文芸や人文書が充実。本を通じた学び場としてのスクールも併設しており、著者を招いたイベントも開催しています。ビル内に駐車場有。
赤澤える『私たちのワンピース』

赤澤える『私たちのワンピース』

東京・原宿の中心で “古着の新しい価値観を提供するファッションブランド” を展開してきたディレクター、赤澤える。今作は、彼女のデビュー作であり原点でもある服「私たちのワンピース」にまつわる表現が込められたアートブックです。はじまりは、異国の地で手渡された一枚のワンピース。その実体験が、数千を超える人に愛され続けるヒット商品に生まれ変わり、 ブランドの代名詞ともいえる存在となった今。彼女は「このワンピースはもう二度とつくらない」と宣言しました。このアートブックには、そう決心したことの裏側に横たわる甘美と辛酸が、写真や文章を通して120頁にわたり表されています。コストを惜しまずに全て自費で制作されていることにも彼女の強い想いを感じられます。彼女の理想とするものづくりを叶える、大きな第一歩となった本作。ぜひ静かな部屋の中、おひとりでごゆっくりお愉しみください。 ※「初回限定版」オンライン分は完売しており、こちらのページでは通常版をお求めいただけます。通常版につきましては、表紙デザインと、中に挟まれている紙の内容に初回限定版との違いがありますが、お値段とメインページは変わりません。
¥7,700
青山ブックセンターオンラインストア
【特典付き】文芸書担当選書「一瞬を掬い取る」3冊セット

【特典付き】文芸書担当選書「一瞬を掬い取る」3冊セット

※購入特典としてコメントを載せたリーフレットをお送りしています。柴崎友香『百年と一日』(筑摩書房)三角みづ紀『どこにでもあるケーキ』(ナナロク社)+シークレットの1冊こちらは9月の間だけご購入可能です。
¥5,060
青山ブックセンターオンラインストア
【サイン本】菊地成孔『菊地成孔の粋な夜電波 シーズン13-16 ラストランと♂ティアラ通信篇』

【サイン本】菊地成孔『菊地成孔の粋な夜電波 シーズン13-16 ラストランと♂ティアラ通信篇』

出版社:草思社伝説的ラジオ番組の番組本も遂に完結! 感動の最終回をはじめ、「シンデレラガール」の楽曲分析を行なった「緊急特集King & Prince」ほか「神回」を多数収録。台本&トーク・ベストセレクション103篇。セットリスト併録。
¥2,420
青山ブックセンターオンラインストア
坂口恭平『苦しい時は電話して』

坂口恭平『苦しい時は電話して』

出版社:講談社090-8106-4666これは僕の携帯電話の番号です。僕は「いのっちの電話」という、死にたい人であれば誰でもかけることができる電話サービスをやっています。もちろん無償です。本家本元「いのちの電話」がほとんどかからないという現状を知り、2012年に一人で勝手にはじめました。1日に5人ほどかけてきます。なので、1年だと200人弱。もう10年近くやっています。なんでこんなことをはじめたのか。なぜなら、自殺者をゼロにしたいと思っているからです。自殺者がいることが当たり前になってしまっている。そのこと自体が異常なのではないかと僕は思います。もちろん、それぞれの人生はそれぞれに決めることができるので、自ら死にたい人を止めようとするのはどうなのか、それも人間の自由ではないかと思われる方もいると思います。僕も何度かそう言われたことがあります。そう言われれば、わからないことはありません。いや、どうかな……やっぱり納得できないところがたくさんあります。 なぜなら僕自身も死にたくなるからです。あなただけではないんです!もちろん、1年に何万人もの電話を受けることはできません。僕にできるのは1日に10人が限界だと思います。そこで、いつも電話で話していることをこの本に書いてみることで、電話だけで対応できない人々にも、死ななくてもいいんだと感じてもらえるのではないか。そんな気持ちからこの本を書くことにしました。
¥880
青山ブックセンターオンラインストア
坂口恭平『自分の薬をつくる』

坂口恭平『自分の薬をつくる』

出版社:晶文社誰にも言えない悩みは、みんなで話そう。坂口医院0円診察室、開院します。「悩み」に対して強力な効果があり、心と体に変化が起きる「自分でつくる薬」とは?これは戯曲? エッセイ? 自己啓発?鬼才坂口恭平、ついに医師になる。あっという間に読めて、不思議と勇気づけられる!2019年に実際に行われたワークショップを誌上体験。「いのっちの電話」では、なぜ電話をかけた人たちが楽になり、元気になれるのか。いったい何がそこで起こっているのか。その秘密とは。全部教えます。
¥1,650
青山ブックセンターオンラインストア
佐久間裕美子 若林恵『こんにちは未来』 3冊セット

佐久間裕美子 若林恵『こんにちは未来』 3冊セット

出版 株式会社黒鳥社『それを感じているのは私だけじゃない こんにちは未来 ジェンダー編』 『どこに出口があるのかはわからないけれど こんにちは未来 アメリカ編』 『みんなもっと好きに言ったらいいのに こんにちは未来 メディア編』3冊セット販売NY在住のジャーナリスト佐久間裕美子と『WIRED』日本版の 前編集⾧でコンテンツメーカー黒鳥社の若林恵の盟友二人が、 音楽、アート、政治、ビジネス、メディア、ライフスタイル までカテゴリーにとらわれず縦横無尽に語りつくす ポッドキャスト番組「こんにちは未来」。 エピソード累計130万DL、JAPAN PODCAST AWARDの最終20作品にも ノミネートされた人気ポッドキャスト番組の待望の書籍化です。 エピソードVol.1-Vol.22までを「ジェンダー編」、「メディア編」、 「アメリカ編」の3つのテーマに分けて大幅加筆の上、再編集。 3冊同時に刊行!①ジェンダー編1.さよならから、こんにちは。ポッドキャストを始める理由 *アメリカで盛り上がるポッドキャスト*私たちの幸せを握る、脱テクノロジー 他2.トイレの話 *未来のトイレ *「男」と「女」の間のグラデーション *女性店主のレコード店 他3.世界で一番偉いのは誰か *ジェンダー、機能、融合する境界 *ビヨンセが世界で一番偉い!*わかりあえない時代の「許す」と いうプロテクト *否定できない母ちゃん、キュレーションできない家族 他4.いま、地方がおもしろい *ゆみちゃんの全国行脚 *地方の方が面白くなっちゃう必然 *新しい価値観と地元の人々 他5.混浴温泉の問題 *混浴温泉問題とアフォーマティブ・アクション *公平さをどうやって担保するか 他6.インターセクショナリティは大切なのか? *インターセクショナリティの理想と現実 *ミレニアル世代のリバタリアニズム 他7.男性的?女性的? *Fワードは「レディらしくない」 *一筋縄じゃない「ミソジニー」を考える 他②アメリカ編1.テイラー・スウィフトと中間選挙 *テイラーの民主党支持宣言 *政治をめぐる*カニエの謎行動*ユナボマーと混迷深まるリベラリズム2.アジアきてんじゃない!?*アメリカのアジア人 *「同化しなくていい」第一世代 *アイデンティティも新しく 他3.求む!みんなのための新しいガバナンス *中間選挙に新しい風 *右傾化問題、国家派遣の問題 * 「閉じた世界」のガバナンス 他4.未来がよめるなんて思っちゃいけない *まだ生きている「壁」の話 *子供の事情で全米が混乱? *異常が常態、どう向き合う? 他5.レギュレーションを作るのは誰か *メキシコシティの安全 *ヒーローの評価が変わる潮目 *変わり始める、レギュレーションの作られ方6.イケてるフェスのつくり方 *ゆみちゃんの生産性向上計画 *ファレルが提案する「新しいフェス」 他7.ジャパン・プレゼンスを考える *存在感の示し方ースポンサードのお作法 *社会貢献はもはや生存戦略 *本気でやればすぐ変われる③メディア編1.サクマグを作った理由 *ゆみちゃんの自主出版 *紙とデジタル、変わるサイクル *ブログじゃない「マガジン」他2.Zine『サクマグ』をめぐって *そもそも、雑誌とは? *値段、どう考える? *本を買い、「わからない」を楽しむ 他3.いま、メディアをつくるということ * 『My Little New York Times』 *チャンネルの数だけデモグラがある *コンテンツは内在的な理由から他4.レピュテーション スタジアムツアー、そして、デカ箱に行く男子の話 * 「こんまりする」の根本的解決 * 「イケてない私たち」の代弁者 *色っぽい商売とフェミニズム *デカ箱の楽しみ方!? *本当の混浴温泉を目指すには 他5.メディアのビジネスモデル、どうなるの? * noteの手軽さ、そして課金問題 *メディアとプラットフォームのこれから 他6.変わりゆくメディアの景色 *日米テレビコンテンツ事情 *企業のメディア投資と新しい景色 *いい本をつくれる場所を 他7.メディアに中立性はあるのか *政党の雑誌タイアップ、何が問題? *メディアの中立性は思想のことではない *ビジネス・ニュートラリティの終焉 * 「声を上げる」のパワーを見くびらない 他
¥3,960
青山ブックセンターオンラインストア
若林恵 責任編集『NEXT GENERATION GOVERNMENT 次世代ガバメント 小さくて大きい政府のつくり方』

若林恵 責任編集『NEXT GENERATION GOVERNMENT 次世代ガバメント 小さくて大きい政府のつくり方』

出版社 : 日本経済新聞出版小さい政府/大きい政府の二項対立を超えていく、小さいけれども、誰も排除されない大きな社会を実現する、「小さくて大きい行政府」はありえないのか? 人口減少によって社会が疲弊し「公共」が痩せ細っていくなか、デジタルテクノロジーの可能性を正しく想像することで、新しい公共のありかた、新しい行政府の輪郭を見いだすことができないか。テクノロジーと社会の関係に常に斜めから斬り込んできた『WIRED』日本版元編集長、『さよなら未来』の若林恵が、行政府のデジタルトランスフォーメーション(ガバメントDX)に託された希望を追いかけたオルタナティブな「行政府論」。eガバメント、データエコノミー、SDGs、地方創生、スマートシティ、循環経済、インディアスタック、キャッシュレス、地産地消、AI、クラウドファンディング、ライドシェアから……働き方改革、マイナンバー、ふるさと納税、高齢ドライバー、「身の丈」発言、〇〇ファースト、災害、国土強靭化、N国党、Uber・WeWork問題、プラットフォーム規制、リバタリアニズム……さらにはデヴィッド・グレーバー、暴れん坊将軍、ジョーカー、ヒラリー・クリントン、メタリカ、カニエ・ウエストまで……縦横無尽・四方八方・融通無碍に「次世代ガバメント」を論じた7万字に及ぶ「自作自演対談」に加え、序論、あとがき、コラム32本を一挙書き下ろし! 企画・編集・執筆、全部ひとり!現場で戦う公務員のみなさんにお届けしたい、D.I.Y.なパンクムック!黒?雑志 第2卷次世代ガバメント小さくて大きい政府のつくり方責任編集=若林恵【目次】導入「公共」の現在いま何が問題なのか序論さらば、スチームパンクガバメント「行政府」というOSのDXをめぐる試論本論次世代ガバメントのつくり方 仮想雑談ソーシャルコメンタリーとしてのNGGマニュアルインタビュー未来のガバナンスへの対話人間中心・プラットフォーム・ライフイベント・ミッション・個人界と集合界クリスチャン・ベイソン/サンジャイ・アナンダラム/ボー・ハラルド/斉藤賢爾/山本龍彦ブックガイドNGGを妄想するためのランダムなアイデアソース85コラム・そもそもガバメントのイノベーションはなぜ必要? ・人口減少のデス・スパイラル・人が減るとこれだけ困ったことになる・地方政府のプラットフォーム化・デジタル空間に公共をつくる・マックス・ウェーバーによる「官僚制」・ウェーバー的官僚制の問題点・パブリックガバナンスの3つのフェーズ・パブリックグッズからパブリックバリューへ・余談BBCのパブリックバリュー・キャッシュレスという行政改革・なぜガバメントはテクノロジーが苦手か? ・厚生労働省のデス・スパイラル・ワーカー・ファーストと国民ファースト・余談官僚制とヘビーメタル・インディア・スタックの構造・エストニアで実現しているこれだけのこと・エストニアから日本は何を学ぶのか・UK発「ビッグ・ソサエティ」の遺産・素晴らしきシビックエコノミー・2025、地方政府のデジタルビジョン・ヒラリー式、経済政策としてのスモールビジネス・孤独という疫病・余談カニエ・ウェストのコミュニティデザイン・災害と国土強靭化・川・テクノロジー・自治・Uber、WeWork、デジタル分散主義・エネルギーシフトと「地産地消」・ナッジする? ・正しいスマートシティのためのレッスン・「コモンズ」は二元論を超えていく・ガバメントイノベーションのための道具
¥1,980
青山ブックセンターオンラインストア
デヴィッド・グレーバー『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』

デヴィッド・グレーバー『ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論』

酒井隆史 芳賀達彦 森田和樹 訳出版社: 岩波書店やりがいを感じないまま働く。ムダで無意味な仕事が増えていく。人の役に立つ仕事だけど給料が低い――それはすべてブルシット・ジョブ(クソどうでもいい仕事)のせいだった! 職場にひそむ精神的暴力や封建制・労働信仰を分析し、ブルシット・ジョブ蔓延のメカニズムを解明。仕事の「価値」を再考し、週一五時間労働の道筋をつける。『負債論』の著者による解放の書。
¥4,070
青山ブックセンターオンラインストア
グレアム・ハーマン『思弁的実在論入門』

グレアム・ハーマン『思弁的実在論入門』

上尾真道 森元斎 訳出版社: 人文書院オリジナルメンバーによる待望の入門書。2007年4月27日、ロンドンで「思弁的実在論」は誕生した。最初のメンバーは四人。ブラシエ、グラント、ハーマン、メイヤスー。思考と存在の相関を超えた実在への志向を共有した彼らの哲学は、瞬く間に世界を席巻し思想界の一大潮流となる。本書はそのオリジナルメンバーの一人による、待望の概説書である。四人それぞれの著作に深く分け入り、要点を抽出。その可能性のコアを捉え、次世代に繋がんとする力作。「思弁的実在論なんてものが本当にあるのか。あるとしたら、それは何か新しいものなのだろうか。この問いの一方ないし両方に対して、多くの批判者が「いいえ」と答えようとしてきた。しかし私の見立てでは、答えは、はっきり両方ともに「はい」である。」(本書より)
¥2,750
青山ブックセンターオンラインストア
篠原雅武『「人間以後」の哲学 人新世を生きる』

篠原雅武『「人間以後」の哲学 人新世を生きる』

出版社: 講談社本書は、マルクス・ガブリエルのほか、近年日本語への翻訳が相次いでいる、カンタン・メイヤスー、ティモシー・モートン、グレアム・ハーマンといった哲学者たちを簡便に紹介しつつ、その思想を正面から検討し、日本の状況と照らし合わせる中で、これから先の世界と人間をめぐるさまざまな問いに答える方法を提示する。
¥1,980
青山ブックセンターオンラインストア
入不二基義『現実性の問題』

入不二基義『現実性の問題』

出版社: 筑摩書房 現実は何処に繋がっている?離別と死別の比較から始まり、現実性という力が、神へと至るプロセスを活写。
¥3,520
青山ブックセンターオンラインストア
近藤和敬『ドゥルーズとガタリの『哲学とは何か』を精読する 〈内在〉の哲学試論』

近藤和敬『ドゥルーズとガタリの『哲学とは何か』を精読する 〈内在〉の哲学試論』

出版社: 講談社ドゥルーズとガタリによる最後の共著『哲学とは何か』。難解をもって知られるこの著作をどう読んだらいいのか。読解のため、本書では大きく三部で構成される。第一部では、ドゥルーズとガタリの〈内在〉概念とはどのようなものかを明らかにする。単に内在と超越という二項対立ではなく、彼らが「内在野」と名指ししたものは何だったのか。スピノザ、ベルクソンなども参照しつつ、その形成過程を明らかにしていく。第二部では、哲学・科学・芸術の三つを同じ形式をもったものとして、あえて並列に描こうとしたドゥルーズとガタリの意図に分け入っていく。そこから「脳」と「カオス」が析出される次第は、まさに『哲学とは何か』を解読する重要な準備となる。第三部では、いよいよ『哲学とは何か』をきわめて精密に読み解く。各章に概要、用語、読解の見出しを立て、まさに一字一句を読んでいく。その先に見えてくる〈内在〉の哲学とは?
¥3,190
青山ブックセンターオンラインストア
郡司ペギオ幸夫『やってくる』

郡司ペギオ幸夫『やってくる』

出版社: 医学書院「日常」というアメイジング!「現実」というスペクタクル!生ハムメロンはなぜ美味しいのか? 対話という行為がなぜ破天荒なのか――?私たちの「現実」は、既にあるものの組み合わせではなく、外部からやってくるものによってギリギリ実現されている。だから日々の生活は、何かを為すためのスタート地点ではない。それこそが奇跡的な達成であり、体を張って実現すべきものなんだ!
¥2,200
青山ブックセンターオンラインストア
頭木弘樹『食べることと出すこと』

頭木弘樹『食べることと出すこと』

出版社: 医学書院「飢えから、栄養不足による飢えを引いたもの」を体験した人はあまりいない。点滴によって栄養は足りているのに、「喉」は何かを飲み込みたいと言い、「顎」は犬のように骨の形をしたガムを噛みたいと叫び、「舌」はとにかく味のするものを! と懇願してくるのだと著者はいう。こうして、食べて出すことがうまくできないと、日常は経験したことのない戦いの場となる。絶食後に始めて口に入れたヨーグルトが爆発するとは?茫然と便の海に立っているときに看護師から雑巾を手渡されたときの気分は?便が心配でひきこもり生活が続いた後、外を歩くと風景が後ろに流れていくとは?食べて出すだけの日常とは、何かを為すためのスタート地点ではなく、偉大な成果であることが心底わかる傑作。切実さの狭間に漂う不思議なユーモアが、何が「ケア」なのかを教えてくれる。
¥2,200
青山ブックセンターオンラインストア
ハンドタオル (IKEUCHI ORGANIC × 青山ブックセンター)

ハンドタオル (IKEUCHI ORGANIC × 青山ブックセンター)

※限定生産です!①カラー :アイボリー(オーガニック120)素材点:有機栽培綿(オーガニックコットン)100%サイズ:23 x 23 cm。特徴精密。私たちのタオルづくりの哲学です。細部まできっちり、しっかり、真面目にタオルをつくります。オーガニック1は、よく水を吸い、よく乾き、気持ちいい風合いが長持ちする、永久定番。IKEUCHI ORGANICがつくるオーガニックコットンタオルの原点です。※お手入れ→https://www.ikeuchi.org/c/organic/organic1/og120-WT②カラー :ネイビー素材:オーガニックコットン 100%サイズ:23 x 23 cm特徴:ありそうでなかった、オーガニックコットン100%のタオルハンカチ。圧倒的な吸水力を発揮するボリューミーな糸使いでつくりました。毎日のおでかけのお供にはもちろん、何枚あっても重宝します。大切な人に贈るプレゼントに1枚添えるなど、ギフトとしても人気です。※注意:画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございます。ご了承ください。※詳細はIKEUCHI ORGANICのHPより https://www.ikeuchi.org/webshop/
¥1,320
青山ブックセンターオンラインストア
トート(L)黒

トート(L)黒

A3サイズも余裕を持って入れられるコットン生地のトートバッグ。・サイズ : 約H390mm×約W450mm (持ち手 : 30mm×600mm)
¥3,850
青山ブックセンターオンラインストア
Tシャツ黒

Tシャツ黒

ギルダン6ozのTシャツです。サイズは日本サイズよりやや大きめ、生地はしっかりとした厚さになります。サイズは、画像3枚目を拡大してご確認ください。
¥3,850
青山ブックセンターオンラインストア
小倉ヒラク『発酵する日本』

小倉ヒラク『発酵する日本』

発行 : Aoyama Book Cultivation 青山ブックセンターデザイン・装幀:竹内 宏和(藤原印刷株式会社)印刷:内山 和希・唐澤 匡孝(藤原印刷株式会社)プリンティングディレクター:花岡 秀明(藤原印刷株式会社)製本ディレクション:平澤 和紀(藤原印刷株式会社)営業:藤原 章次(藤原印刷株式会社)印刷・デザイン 藤原印刷コデックス装、アンカット製本限定2,000部当店の出版プロジェクト第1弾。小倉ヒラクさんが、47都道府県の知られざる発酵文化を訪ねた旅が写真集に。数百年継承されてきた日本独自の発酵文化にまつわる様々なシーンを切り取った写真を86点収録。日本酒や醤油などおなじみの発酵食品から、宮崎県日南海岸のむかでのり、青森県十和田のごど、長崎県対馬のせんなど、未知すぎる驚愕のローカル発酵食品まで、日本の文化の多様性とその土地に生きる人々の営みを垣間見ることができます。書き下ろしのエピソードも収録。「とにもかくにも、ヒラクさんの写真と藤原印刷さんの印刷がめちゃくちゃ良いです。ヒラクさんの視線、視点、そしてつぶれない黒をはじめとした印刷の質と技術。当店が出版するという枠組みをありがたいことに話題にしてもらっていますが、ぜひそれらに注目してほしいです…!」(山下)https://hirakuogura.com/photobook-2/https://storywriter.tokyo/2020/03/10/2870/
¥3,960
青山ブックセンターオンラインストア
【特典付き】渡邊淳司 ドミニク・チェン 監修・編著『わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために』

【特典付き】渡邊淳司 ドミニク・チェン 監修・編著『わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために』

※当店限定購入特典として、渡邊淳司さん、ドミニク・チェンさんの共同コメントペーパ付きです!安藤英由樹 坂倉杏介 村田藍子 編著出版社: ビー・エヌ・エヌ新社論考伊藤亜紗/生貝直人/石川善樹/岡田美智男/小澤いぶき/神居文彰/木村大治/小林 茂/田中浩也/出口康夫/水野 祐/安田 登/山口揚平/吉田成朗/ラファエル・カルヴォ「ウェルビーイング(Wellbeing)」とは、身体的にも、精神的にも、そして社会的にも「よい状態」のこと。心身ともに満たされた状態であることを指す言葉です。情報技術が私たちの暮らしを便利にする一方で、利用者の心の状態への負の影響も指摘されている現在、ウェルビーイングに対する注目が高まっています。本書は、ウェルビーイングとは何なのか、そしてそれをどのようにつくりあうことができるのかについて解説した書籍です。わかりあえなさのヴェールに包まれた他者同士が、根源的な関係性を築き上げ、共に生きていくための思想、実践、技術を照らし出します。ユーザーに愛されるプロダクトやサービスの設計を目指すデザイナー、エンジニア、ビジネスパーソン、また、組織環境を良くしたい人事・総務担当者などにおすすめの一冊です。「わたし」のウェルビーイングから、「わたしたちの」ウェルビーイングへ。「個でありながら共」という日本的なウェルビーイングのあり方を探求します。
¥2,640
青山ブックセンターオンラインストア
【特典付き】本屋の歩き方vol.1 ドミニク・チェン選 3タイトルセット

【特典付き】本屋の歩き方vol.1 ドミニク・チェン選 3タイトルセット

本屋の歩き方vol.1 ( https://www.youtube.com/watch?v=wRM7zg_RabU&feature=youtu.be )3タイトルでのセット販売です。購入特典として、ドミニクさんの選書コメント付きです。ルシア・ベルリン 岸本佐知子 訳『掃除婦のための手引き書』(講談社)ケン・リュウ 編 劉慈欣・他 著 大森望 中原尚哉 大谷真弓 鳴庭真人 古沢嘉通 訳『月の光』(早川書房)エレーヌ・ラッジカク ダミアン・ラヴェルダン 河野彩 訳『目に見えない微生物の世界』(河出書房新社)
¥7,590
青山ブックセンターオンラインストア
【特典付き】ドミニク・チェン『未来をつくる言葉』

【特典付き】ドミニク・チェン『未来をつくる言葉』

※購入特典として、ドミニクさんによる、当店オンラインストアに寄せて、約1,000字の自著メッセージ付きです!出版社: 新潮社ぬか床をロボットにしたらどうなる? 人気作家の執筆をライブで共に味わう方法は? 遺言を書くこの切なさは画面に現れるのか? 湧き上がる気持ちやほとばしる感情をデジタルで表現する達人―― その思考と実践は、分断を「翻訳」してつなぎ、多様な人が共に在る場をつくっていく。ふくよかな未来への手引となる一冊。
¥1,980
青山ブックセンターオンラインストア
【特典付き】本屋の歩き方vol.1   渡邉康太郎 選  3タイトルセット

【特典付き】本屋の歩き方vol.1 渡邉康太郎 選  3タイトルセット

本屋の歩き方vol.1 ( https://www.youtube.com/watch?v=wRM7zg_RabU&feature=youtu.be )3タイトルでのセット販売です。購入特典として、渡邉さんの選書コメント付きです。近藤聡乃『A子さんの恋人 1〜6巻』 (KADOKAWA)メアリアン・ウルフ 小松淳子 訳『プルーストとイカ』(インターシフト)國分功一郎『暇と退屈の倫理学 増補新版』(太田出版)
¥8,096
青山ブックセンターオンラインストア
【特典付き】渡邉康太郎『CONTEXT DESIGN』通常版

【特典付き】渡邉康太郎『CONTEXT DESIGN』通常版

※購入特典として、渡邉さんによる、当店オンラインストアに寄せて、自著メッセージ付きです!良い映画は観たもの全員を語り部にする。人は作品に描かれている世界を語り、描かれていない風景をも語る。解釈をぶつけあう。しかしこのとき解釈の正否というものはほとんど意味をなさない。議論する人はみな同じ作品を語りあいながら、異なる景色を見つめている。美しい同床異夢。にもかかわらず、ときにそれは通じあう──。コンテクストデザインとは、それに触れた一人ひとりからそれぞれの「ものがたり」が生まれるような「ものづくり」の取り組みや現象を指す。換言するならば、読み手の主体的な関わりと多義的な解釈が表出することを、書き手が意図した創作活動だ。コンテクストデザインは、読み手を書き手に、消費者を創作者に変えることを企図する。作者が作品に込めたメッセージやテーマ=「強い文脈」をきっかけに、読み手一人ひとりは解釈や読み解きをおこなう。この「弱い文脈」の表出こそを意図したデザイン活動が、世のなかに不足している。コンテクストデザインは個々の弱い文脈の表出を促す。現在、デザインは一部の人の肩書きや組織のなかの部署名としての役割を超えることはない。デザインはしかし、より広範に活かされるべきだ。受け手の自主性を心地よく刺激し、受け手の想像力を刺激する仕事にも及ばなくてはならない。これからのデザイナーに求められるのは、人の創造性を高めることだ。そのためには「不完全で」「無目的な」ものづくりこそが意味を持つ。使い手が、自らの想像力でそれを完成させるために。枯山水の波紋が、形を持った水としてではなく、鑑賞者の想像上の波紋として心のなかで結像するように。東京・ロンドン・NYを拠点に活動するデザイン・イノベーション・ファームTakramのパートナーでありコンテクストデザイナーの渡邉康太郎による著作。一般流通をさせず、トークイベントを行った書店のみで販売を行なってきた本書『コンテクストデザイン』は、新型コロナウイルスの流行を受け、2020年5月より青山ブックセンター本店のオンラインストアにて初のオンライン販売を開始した。出版:Takramクリエイティブディレクション・編集アドバイザリー:吉田知哉(森岡書店/CONCENT)イラストレーション・デザイン:太田真紀(Takram)写真:鈴木陽介ブックデザイン・編集:長田年伸編集協力:西條剛史(Takram)、ヤギワタル校正:藤吉賢(Takram)校正協力:石田康平、道木ジェイミー ローレンス
¥2,750
青山ブックセンターオンラインストア
【特典付き】渡邉康太郎『CONTEXT DESIGN』特装版

【特典付き】渡邉康太郎『CONTEXT DESIGN』特装版

※購入特典として、渡邉さんによる、当店オンラインストアに寄せて、自著メッセージ付きです!※特装版はハードカバー、全4色、表紙、小口の色がそれぞれ異なります。良い映画は観たもの全員を語り部にする。人は作品に描かれている世界を語り、描かれていない風景をも語る。解釈をぶつけあう。しかしこのとき解釈の正否というものはほとんど意味をなさない。議論する人はみな同じ作品を語りあいながら、異なる景色を見つめている。美しい同床異夢。にもかかわらず、ときにそれは通じあう──。コンテクストデザインとは、それに触れた一人ひとりからそれぞれの「ものがたり」が生まれるような「ものづくり」の取り組みや現象を指す。換言するならば、読み手の主体的な関わりと多義的な解釈が表出することを、書き手が意図した創作活動だ。コンテクストデザインは、読み手を書き手に、消費者を創作者に変えることを企図する。作者が作品に込めたメッセージやテーマ=「強い文脈」をきっかけに、読み手一人ひとりは解釈や読み解きをおこなう。この「弱い文脈」の表出こそを意図したデザイン活動が、世のなかに不足している。コンテクストデザインは個々の弱い文脈の表出を促す。現在、デザインは一部の人の肩書きや組織のなかの部署名としての役割を超えることはない。デザインはしかし、より広範に活かされるべきだ。受け手の自主性を心地よく刺激し、受け手の想像力を刺激する仕事にも及ばなくてはならない。これからのデザイナーに求められるのは、人の創造性を高めることだ。そのためには「不完全で」「無目的な」ものづくりこそが意味を持つ。使い手が、自らの想像力でそれを完成させるために。枯山水の波紋が、形を持った水としてではなく、鑑賞者の想像上の波紋として心のなかで結像するように。東京・ロンドン・NYを拠点に活動するデザイン・イノベーション・ファームTakramのパートナーでありコンテクストデザイナーの渡邉康太郎による著作。一般流通をさせず、トークイベントを行った書店のみで販売を行なってきた本書『コンテクストデザイン』は、新型コロナウイルスの流行を受け、2020年5月より青山ブックセンター本店のオンラインストアにて初のオンライン販売を開始した。出版:Takramクリエイティブディレクション・編集アドバイザリー:吉田知哉(森岡書店/CONCENT)イラストレーション・デザイン:太田真紀(Takram)写真:鈴木陽介ブックデザイン・編集:長田年伸編集協力:西條剛史(Takram)、ヤギワタル校正:藤吉賢(Takram)校正協力:石田康平、道木ジェイミー ローレンス
¥4,950
青山ブックセンターオンラインストア
メアリアン・ウルフ『デジタルで読む脳 X 紙の本で読む脳』

メアリアン・ウルフ『デジタルで読む脳 X 紙の本で読む脳』

出版社: インターシフト「読む脳」科学の世界的リーダーが、紙の本の大切さを明かすとともに、次代に求められる「バイリテラシー脳」を提唱!紙の本が、記憶力・分析力・創造力・共感力を高めるわけ。脳がデジタル・モードになると、読み方はどう変わる?脳の発達に応じた「読み書き力」「デジタル力」の育て方。
¥2,420
青山ブックセンターオンラインストア
【先行販売】三宅陽一郎 大山匠『人工知能のための哲学塾 未来社会篇』

【先行販売】三宅陽一郎 大山匠『人工知能のための哲学塾 未来社会篇』

※数量限定で先行販売です。出版社: ビー・エヌ・エヌ新社「人工知能のための哲学塾」第3弾!哲学とエンジニアリングの両面からAIの本質に迫る「人工知能のための哲学塾」。知能とは何か、そして人間とは何か、という問いを巡って西洋哲学と東洋哲学を旅してきた本シリーズ、第3弾となる本書では、よりアクチュアルなテーマ「これからの社会とAIの関係」に迫ります。AIを利用したプロダクト/サービスづくりに関わるエンジニア、デザイナー、プロダクトオーナーや、知的好奇心溢れる人におすすめの一冊です(前2作を読んでない方でも楽しめる内容になっています)。
¥2,860
青山ブックセンターオンラインストア
ダニエル・L・エヴェレット 『言語の起源 人類の最も偉大な発明』

ダニエル・L・エヴェレット 『言語の起源 人類の最も偉大な発明』

松浦俊輔 訳出版社: 白揚社「人類の生物学的・文化的な起源に関する本で、古典として残るものは非常に少ない。だが、ダニエル・エヴェレットの『言語の起源』はそのうちの一冊になると私は思う」――エドワード・O・ウィルソン (ハーバード大学名誉教授)「文化中心の言語理論をわかりやすく解説してくれる良書」――ピーター・リチャーソン(カリフォルニア大学デーヴィス校名誉教授)人類史上最も偉大な発明である「言語」。その起源をめぐっては、これまで様々な議論が交わされてきた。言語はいつ、誰が最初に使いはじめたのか?人は言語を突然変異によって獲得したのか、それとも漸進的な変化によって身につけたのか?そもそも、他の動物のコミュニケーションと人間の言語は何が違うのか――すなわち、言語とは何か? ノーム・チョムスキーが提唱した生成文法への反証であるとされた「ピダハン語」の研究で一躍有名となった、異端の言語学者ダニエル・L・エヴェレットが、言語学のみならず、人類学、考古学、脳科学などの知見をもとに、すべての問いに答える。著者渾身の一冊
¥3,850
青山ブックセンターオンラインストア
山本貴光『マルジナリアでつかまえて』

山本貴光『マルジナリアでつかまえて』

出版社:本の雑誌社人類は大きく二つに分かれる。本に書き込みをする者と、しない者に──。書物界の魔人が世にあふれる“人と本との接触の痕跡=マルジナリア"を追う。余白の書き込みを見つけては考え、知る、新しい本の愉しみ。著名人から無名の筆遣い、プログラミングのコメントまで。読みやすいものから判読不明なものまで。広くて深いマルジナリアの大地を一緒に歩いてみませんか。カラー口絵には石井桃子、夏目漱石、高野長英、和辻哲郎、山本貴光の筆跡を収録。
¥2,200
青山ブックセンターオンラインストア
山本貴光・吉川浩満『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね』

山本貴光・吉川浩満『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね』

出版社:筑摩書房仕事、進路、人間関係……尽きない悩みも、みるみる氷解。古代の賢人エピクテトスの教えをアップデートした、現代人のための、人生哲学の書!1900年ほど昔に奴隷の子として生まれ、やがて解放され、哲学の教師になるという、数奇な人生を送ったエピクテトス。その言行録『人生談義』でエピクテトスは、弟子や来訪者から寄せられた数々の人生相談に、的確な答えを繰り出していく。悩める現代人にも十分通用するその教えを、とことん分かりやすく解説。不安なく前向きに生きるための知の技法がするする頭に入る、類例のない一冊!
¥1,540
青山ブックセンターオンラインストア
【特典付き】山本貴光・選「分かるは変わる」5冊セット

【特典付き】山本貴光・選「分かるは変わる」5冊セット

『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね』含む、5冊セット(内2冊はシークレット)での販売です。※購入特典として、ここでしか読めない、山本貴光さんが5冊選んだコメント付きです。最果タヒ『「好き」の因数分解』(リトル・モア)トーマス・トウェイツ 村井理子 訳『ゼロからトースターを作ってみた結果』(新潮社)山本貴光 吉川浩満『その悩み、エピクテトスなら、こう言うね』(筑摩書房) +シークレットの2冊
¥6,160
青山ブックセンターオンラインストア